社員紹介

staff

三澤 実

1994年入社

三澤 実

入社したきっかけは?

求人案内を見て、以前勤めていた会社に比べて待遇が良い点、社風が良さそうな点が魅力的に感じ、入社を決めました。

仕事で大変だったこと、楽しかったことは?

冬場の寒い中、基礎工事中に雪が降りだし…。厳しい環境下で、手がかじかみながらの作業は大変でした。
気の合う仲間と働けることは楽しいですし、早く終わりそうな仕事内容の時は、より楽しく作業を進められます。

これから入社する仲間たちへメッセージ

この会社には、ミスをした時にも優しくフォローしてくれるベテランの職人さんや、困った時にアドバイスをしてくれる仲間がたくさんいるので、安心して入社してほしいです。

名倉 孝

1995年入社

名倉 孝

入社したきっかけは?

友人の紹介がきっかけとなり、イーエム建設に入社をしました。

仕事で大変だったこと、楽しかったことは?

夏の暑い日の作業中に熱中症になりそうになり、水分・塩分を補給しながら仕事をした時は大変でした。
楽しい点については、ひとつの現場を、仲間たちと協力しながら作業を進めていけることですね。現場の仕事が完了した時はとても嬉しいものです。

これから入社する仲間たちへメッセージ

イーエム建設は、皆が丁寧に仕事を教えてくれる会社です。経験などが無く不安に思っている方も、安心して入社してください。

芦萱政男

2012年入社

芦萱 政男

入社したきっかけは?

私は父が鳶職、母は材木屋、祖父は有名寺院を手掛けた棟梁という環境で育ち、建設・木・住宅に関することが好きで、大学院まで進学しました。卒業後は一級建築士・専攻建築士・一級施工管理士などの資格を生かしながら働く中で、現場に出るようになり、大工の道へ。51歳まで鳶職をしていました。当社に入社する直前はスカイツリーを作っていたのですが、工事終了後にイーエム建設の職人募集を目にし、入社をしました。現在は解体工事の責任者を務めています。

仕事で大変だったこと、楽しかったことは?

大変と感じることは無いですが、建築業界の変化によって型枠解体工事も変化を求められているので、期待感を受けているというか、やらなければいけないという思いがあります。
首都圏は空洞化現象が進んでいますが、コンクリートは80年ほどの寿命があるので、できるだけリニューアルなどでビルを生かすようになっています。新築の認可が下りにくくなってきていますし、PC(プレストコンクリート)の利用も増え、型枠解体工事の仕事は今後減っていくと思います。
しかし、それを悲観するわけではなく、型枠解体工事の高い技術を生かし、若い世代につながる解体の新しい形を作れたらと思っています。古い建物のリニューアル・リフォームのニーズは間違いなく高くなっていくので、若い人につないでいくことが、今の仕事の楽しみとなっています。

これから入社する仲間たちへメッセージ

当社は職人の会社で、定年がありません。それでも肉体的な限界がありますから、せめて10年は頑張って、若い人のための新しい形を作り、つないでいきたいと思っています。
今の若い世代は職人気質というよりも、時間で動く人が多いと思います。その中で、求めることは作業品質です。「作業することの品質を良くしていきたい」という意識を持つ人に、ぜひ来てほしいです。その心掛けは、お客様や現場の近隣に対しても同じです。そういう方であれば、同じ現場でも気持ち良く働けるんじゃないかなと思います。
当社の従業員の人数はそんなに多くはないけれど、悪い人はひとりもいません。とても居やすい会社だと思います。

お問い合わせ

Telお電話

042-569-6870

営業時間9:00〜17:00